中高年に差し掛かると健康を気にし始める方も多いと思いますが、そのなかでヨガ・ピラティス・ウォーキング・筋トレを試してみようかと考えている方もいるのではないでしょうか?

実はこの中で最も中高年のみなさんにおすすめしたいのは筋トレです。

その理由としてどういったものがあるのかという点をこの記事では解説していきます。

また中高年におすすめの効果的な筋トレ方法についてもいくつか紹介していくため、これから筋トレを始めようと考えている方はぜひ参考にしてください。

60分お試し価格 3,520円(税込)初回無料特別優待で効果を実感

男女別!中高年こそ筋トレをしたほうがいい理由とは?

ダンベルを持っている夫婦

冒頭でもお話ししたとおり、中高年こそ筋トレを始めるべきだといわれていますが、その理由としてどういったものが挙げられるのでしょうか?

まずは中高年の男女別に、筋トレをしたほうがいい理由について解説していきます。

中高年男性が筋トレをしたほうがいい理由

中高年男性が筋トレをしたほうがいい理由としては、男性は40代半ば頃から筋肉量が大きく低下し始めるといわれているからです。

中高年に差し掛かると男性ホルモンのテストステロンが減少するとされており、テストステロンが減少すると筋肉が付きにくくなるだけでなく、AGAやED・糖尿病・心血管系の疾病リスクが高まります。

さらに、男性は脚の筋肉の低下が顕著で、80代頃には女性以下に落ち込みます。

そのため、奥様の方が先を歩いているという状態になりかねません。

筋トレを行なってテストステロンを放出させることで健康的な老後につながりますが、若い頃と違ってハードなトレーニングをすれば良いというわけではないため、中高年という年代に合った方法で筋トレすることが大切です。

中高年女性が筋トレをしたほうがいい理由

男性は40代半ばから筋肉量が低下し始めるということでしたが、女性に関しては50代を境に筋肉量が大きく低下し始めます。

具体的には男性が35〜44歳頃で女性は45〜54歳頃から低下するとされており、男女差があるのは閉経によって体内バランスが変化するからです。

上記のように50代は閉経によって身体に大きな変化が訪れる時期であり、閉経前後になると女性ホルモンのエストロゲンがほとんど分泌されなくなって、その影響により筋肉量が低下します。

筋肉量が低下すると姿勢が悪くなって老けて見えて損をしてしまうだけでなく、肥満や身体の痛み・ケガにつながりやすくなります。

筋トレをして筋肉をつけることで美しく若々しい自分を保つことができます。

中高年におすすめの効果的な筋トレ方法3選

自宅でストレッチする男性

中高年にとっていかに筋トレを行なって筋肉を付けることが大切かという点をお伝えしましたが、実際にどのような方法で筋トレをすれば良いのでしょうか?

ここからは、中高年からでも取り入れられるおすすめの筋トレ方法を3つご紹介していきます。

筋トレ方法①スクワット

スクワットをかんたんに説明すると「しゃがむ→立ち上がる」の動作を反復して行なうトレーニングを指し、「大殿筋」「大腿四頭筋」「ハムストリングス」をまとめて効率良く鍛えることが可能です。

ただしスクワットは正しい姿勢で行なわないと効果が得られないだけでなく、膝を痛める原因にもなりかねないため注意しなければいけません。

そのため鏡の前で正しい姿勢で行なえているかチェックしながら、スクワットにチャレンジすると良いです。

筋トレ方法②プランク

プランクは体幹をバランス良く鍛えることができるトレーニング方法で、具体的には「うつ伏せから膝とつま先をつけた状態をキープするトレーニング」のことをいいます。

先ほどのスクワットは同じ動作を反復するトレーニングでプランクは同じ姿勢をキープするだけのため、一見かんたんそうに思えますがやってみると難しいトレーニングです。

プランクの正しい姿勢

腰の位置が高くお尻が上がってしまうと効果がなく、反対に低すぎると腰を痛めてしまいかねないため、腰の位置を意識して行なうことがポイントとなります。

筋トレ方法③膝つき腕立て伏せ

腕立て伏せはその名称から腕の筋肉を鍛えるトレーニングだと思われがちですが、実は胸の筋肉をメインに使うトレーニングで体幹の筋肉も必要です。

普段から筋トレをしていないと数回でもきつく、人によっては1回もできないというケースも珍しくありません。

そのため筋トレ初心者の中高年の方は、膝をついた状態で腕立て伏せを行なう「膝つき腕立て伏せ」がおすすめです。

プランクと併用して体幹を鍛えながら、普通の腕立て伏せができることを目標に励むと良いでしょう。

筋トレを始めたい中高年の方には心身健康倶楽部がおすすめ!

ジムのトレーナー

自宅で筋トレをするのも良いですが1人で継続するのは難しく、誤った筋トレ方法を続けていると不調やケガにつながり、結果もなかなか出にくいです。

何より自宅で行なえるようなかんたんな筋トレには効果が期待できないため、効果が出ずにすぐにやめてしまえば当然筋トレの成果を得ることはできません。

仕事や家事など何かと忙しい中高年でも、心身健康倶楽部なら週1回だけのトレーニングをおすすめしているので、無理なく行なえるため、筋トレの継続が難しかった方にもおすすめです。

ここからは、日本初の中高年専門のパーソナルトレーニングジム「心身健康倶楽部」の特徴や、おすすめポイントについて解説していきます。

筋トレによって日常生活の不安や不具合を解消できる

筋肉量が少ないと肥満や身体の痛み・ケガにつながりやすくなり、ほかにも日常生活で起こりうる不調や不具合は筋肉量の減少と左右のアンバランスで起こると考えています。

心身健康倶楽部では、そういった痛みや不調・不具合を軽減していくためのトレーニングを行なっており、身体に関する不安などを解消することが可能です。

また心身健康倶楽部のパーソナルトレーニングは、健康的に筋肉を付けてダイエットしたい、身体を作っていきたいという方にもおすすめとなっています。

週1回60分のトレーニングで無理なく続けられる

心身健康倶楽部では週1回60分のトレーニングを推奨しており、理由としては以下の3つが挙げられます。

理由①:ほかの予定を大きく変動させる必要がなく気軽に習い事感覚で通えるから

理由②:週複数回のトレーニングは生活リズムが崩れかねないけど週1回なら通いやすいから

理由③:週1ペースなら筋肉をしっかり休めながら無理なく効率的に筋肉をつけられるから

体力的に通い続けられるか不安という方や忙しくて週何度も通えるか心配という方でも、心身健康倶楽部なら安心して継続することが可能です。

初めての方ならお得に体験できる初回特別優待に参加可能

心身健康倶楽部では初めての方限定で、お得にパーソナルトレーニングを体験できる初回特別優待を用意しています。

初回特別優待は過去に心身健康倶楽部で、体験・パーソナルトレーニングを行なったことがない方なら誰でも参加可能です。

内容としては1回60分の通常価格から60%オフした3,520円となっており、お得に筋トレやストレッチを体験いただけます。

【大まかな流れと時間配分】

項目所要時間
カウンセリング10分
評価測定5分
筋力トレーニング30分
ストレッチ10分
まとめ・今後のご案内5分

一般的なパーソナルトレーニングジムだと体験にこれほど時間を設けているところはありませんが、心身健康倶楽部では通常通りのパーソナルが体験できるので、今後続けるかどうかも検討しやすいです。

中高年が筋トレをするべき理由と効果的な筋トレ方法まとめ

40代・50代の中高年層に差し掛かると、男女関わらずホルモンの変化などが影響して筋肉量が大きく低下し始めるといわれています。

中高年になると男性に関しては筋肉が付きにくくなることに加えて、AGAやED・糖尿病・心血管系といった疾病リスクを高めるケースもあり、女性も姿勢の悪化によって老けて見えるようなるケースや、肥満・身体の痛み・ケガにつながりかねません。

こうしたリスクを軽減するためにも40代・50代から筋トレや運動を始めたいけど、なかなか自宅で続けることが難しい方や、効果が現れないという方もいるのではないでしょうか。

筋トレは継続することが何よりも大切になるため、長く続けられるジムを探しているという方は、ぜひ日本初の中高年専門パーソナルトレーニングジム「心身健康倶楽部」をご利用ください。

心身健康俱楽部は筋トレが初めての方がとても多いジムになっているので、どなたでも安心してお試しください。

60分お試し価格 3,520円(税込)初回無料特別優待で効果を実感